カテゴリー別アーカイブ: C#

C#でAmazonMWSの各種APIを使ってみる

出品詳細レポート
「出品詳細レポート」を取得して在庫確認に利用してみる。これで便利なのは「optional-payment-type-exclusion」で除外されている支払方法が確認できたり、「scheduled-delivery-sku-set」で配送スケジュールに割り当てられているSKUリストを確認できたりする。

確か、除外されている支払方法はセラーセントラルからは確認できなかったと思うし、配送スケジュールは個別に「在庫管理」から「詳細の編集」で見ていくしかなかったはずなので、それらが一覧で確認できると設定漏れなどが一目瞭然なので、わりと便利。


在庫健全性レポート
「FBA在庫リスト」という名称にしてしまったけど、保管期間や単位期間毎の出荷数、販売予測週数を見ることが出来るので、FBAでドンドン拡販していく商品と、引き上げた方が良い商品の判断に利用できる。

売れている商品はどうしても目に付くけど、全く売れてない商品なんてのは全く目に付かなくて、最悪の場合、忘れ去られる。

1年後くらいに「え!?これまだ残ってたの!?」なんてことになりかねないので、180日保管とか270日保管に数字が上がってきていたら対策を早々に練ろう。


競合価格調査
カートの獲得率を左右する要素はいくつかあるようだけど、やはりなんと言っても価格が一番影響が大きい。

ただ、2~3%くらいなら高くてもカートは獲得できるので、なるべく無駄な値下げ競争はしないように調整していきたい。


MWS設定画面
MWSを利用するには

「AWS_ACCESS_KEY_ID」やら
「AWS_SECRET_ACCESS_KEY」
「MERCHANT_ID」
「MARKETPLACE_ID」
「MWS認証トークン」
なんかが必要になってくる。
それらはここで設定している。


とまぁ、こんな感じで趣味と実益を兼ねてプログラミングの勉強中。

まだ、受注リストが50件を超えた場合の「NextToken」の処理が出来てなかったり、「次回更新」の日付や時間が変わらなかったり、まぁ、いろいろ足らないところだらけだけど、FBAの在庫状況が、保管期間と単位期間あたりの出荷数と在庫切れになるまでの予測とがパッと見でわかるようになったのは大きい。

あ・・・Form1とかって・・・とりあえずは「動けばいいんだよ!」ってことで。

C#でAmazonMWSの注文APIを使ってみる

C#でMWSの注文APIを利用する
やりたいことはいろいろあるけれど、C#の勉強がてらAmazonのAPIを使ってみることに。

とりあえず、注文一覧の取得。

名前空間とかインスタンスとか、初歩的なことでかなりつまずいた感はあるけれど、MWSのクライアントライブラリが優秀なおかげか、なんとか動くようにはなるもんだな。

C#を始めて見たんだけど・・・ビルドしたものがWinXPで動かない・・・

Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop

これ、無料で使えるのね。すごいわ。

てことで、javaでもなくC++でもなく、C#を始めてみた。なぜC#なのかは謎だけど・・・

さて、Visual Studio をインストールしたのはWindows7の64bit。

出来上がったプログラムはこの環境で使うのはもちろん、32bitなWindowsXPでも使ってみたいな、と。
ふとそう思って出来上がったものをXPにコピーして実行してみたら・・・動きません・・・

「アクティブソリューションプラットフォーム」という項目を「AnyCPU」から「x86」にしてみたりもしたけれど動きません。

というか、調べると「AnyCPU」でも32bitで動くようにビルドされるとのこと。

はて、32bitでも動くようにビルドされるなら32bitなXPで動作しないのはなぜだろう・・・

VS2013_Cpp_forXP_01
調べてみると、C++だとプロジェクトのプロパティから「プラットフォームツールセット」を変更することで出来る模様。

 
 
しかし、C#ではこんな設定項目はない。。。
というわけで、もう少し調べてみると・・・

VisualStudio2013で
「対象のフレームワーク」の変更が必要だった。
というのも、.NET Framework 4.5はWindows7にインストールされてるんだけど、WindowsXPにはインストールされていないから。

というよりも、WindowsXPには4.0までしかインストールできない。

なので、ここを「.NET Framework 4」に変更する。

これでOK。

C#のメモ

VSCSharp_CoreTweet_01
VisualStudio の右上にある 「クイック起動(Ctrl+Q)」に「coretweet」と入力しエンター。
VSCSharp_CoreTweet_02
「インストール」をクリック

あとは、CSファイルで

using CoreTweet;

と追加すればOK。


string TW_API_KEY = “xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx”;
string TW_API_KEY_S = “xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx”;
string TW_ACC_TKN = “xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx”;
string TW_ACC_TKN_S = “xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx”;

StringBuilder Tweet_text = new StringBuilder();

var tokens = CoreTweet.Tokens.Create(TW_API_KEY, TW_API_KEY_S, TW_ACC_TKN, TW_ACC_TKN_S);

foreach (var status in tokens.Statuses.HomeTimeline(count => 10).Where(x => x.Text.Length > 60))
{
Tweet_text.Append(status.Text + “\r\n\r\n”);
}
TweetArea.Text = Tweet_text.ToString();