とりあえず電源オン

BeagleBoneBlack(以下BBB)のminiUSB端子にケーブルを、もう一方をPCに接続。
すると、eMMCにインストールされているlinuxが自動的に起動し、PC側ではマスストレージデバイスとして認識される。

ドライブとして認識されたBBBを開き、とりあえず、「START.htm」を開いてみる。

英語なので流し読み。

step#1では
「BBBと君のコンピューターをつないじゃいなよ!」
「起動したらフラッシュドライブみたいに見えるからドキュメントやドライバはコピーしちゃいなよ!」
「LANの隣にある4つのLEDはLANより遠いところから、起動してると点滅、MicroSDにアクセスで点滅、CPUが動いたら点滅、eMMCにアクセスしたら点滅、になってるよ!」
みたいな。

step#2では
「君の使ってるOSにnetwork-over-USBのドライバをインストールするよ。OSは何使ってんだい?」
てことで、該当するドライバをクリックして適当な場所に保存し、それをダブルクリックでインストール。

step#3では
「ブラウザでボードにアクセスしちゃいなよ!」
てことで、初期値では「192.168.7.2」といったIPが振られてるので、ブラウザに「http://192.168.7.2」でアクセス。
しかし、この時、「Internet Explorer will NOT work」とのことなのでIE以外からアクセスを。
ちゃんと表示されればドライバのインストール等の初期設定は完了。

 
尚、初期設定がすんだところでTeraTermなどからSSHで接続してみてもいい。
userはroot、パスワードは設定されないのでなし、が初期設定。

 
 
debianがrev.Cからはインストールされてる?

/etc/network/interfaces
でNICのアドレスを再設定。

※CentOSとかだと「/etc/sysconfig/network」で、ちょっと設定ファイルが異なる。

 
/etc/login.defs に 「CREATE_HOME yes」 を追記。

useradd -D -s/bin/bash
でユーザーを追加する際にシェルを「bash」にするように設定。デフォルトは「sh」という・・・

useradd XXXXXXXX
passwd XXXXXXXX
でユーザーを追加。

========================================================================
BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

System: beaglebone: GNU/Linux
OS: GNU/Linux — 3.8.13-bone47 — #1 SMP Fri Apr 11 01:36:09 UTC 2014
Machine: armv7l (unknown)
Language: en_US.utf8 (charmap=”UTF-8″, collate=”UTF-8″)
CPU 0: ARMv7 Processor rev 2 (v7l) (0.0 bogomips)

13:51:35 up 2:13, 1 user, load average: 0.36, 0.18, 0.12; runlevel 5

————————————————————————
Benchmark Run: Sat Dec 27 2014 13:51:35 – 14:19:52
1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 3498568.6 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 209.9 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput 487.4 lps (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 69464.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 22810.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 149904.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 158007.3 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 24369.9 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 1572.4 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 792.4 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 98.5 lpm (60.3 s, 2 samples)
System Call Overhead 356438.3 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 3498568.6 299.8
Double-Precision Whetstone 55.0 209.9 38.2
Execl Throughput 43.0 487.4 113.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 69464.5 175.4
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 22810.5 137.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 149904.5 258.5
Pipe Throughput 12440.0 158007.3 127.0
Pipe-based Context Switching 4000.0 24369.9 60.9
Process Creation 126.0 1572.4 124.8
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 792.4 186.9
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 98.5 164.2
System Call Overhead 15000.0 356438.3 237.6
========
System Benchmarks Index Score 140.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。