Amazon MWS クライアントライブラリ を使ってみる 【 PHP 】

まずは設置。

とりあえず、フィードAPIのクライアントライブラリをダウンロード。

解凍すると[src]配下に[MarketplaceWebService]ができ、さらにその下に [Mock] [Model] [Samples] の3つのフォルダが出来上がる。

これらをサーバーの適当な場所に放り込む。

尚、「MarketplaceWebService」という名称は変更しない方が無難。
最初、必要なものだけ抜き出そうとして、フォルダ名を変更したら全く機能しなかった。
フォルダ名を戻したらOKだった、みたいなことがあったので、変更しない方が良いのかもしれない。

さて、フィードAPIの場合、編集が必要なファイルは「.config.inc.php」

アクセスキーIDやらシークレットアクセスキーやら、そのあたりを適宜変更。
「set_include_path」も変更が必要かな?
ここはこのライブラリをどこに置くでも変わってくるので、環境によりけりで要調整。

「Samples」フォルダから「SubmitFeedSample.php」「GetFeedSubmissionListSample.php」「GetFeedSubmissionResultSample.php」の3つをsrcフォルダに置く。

と、この「src」はあまりにもアレなので、適当に「Amazon」とでもリネームしてみた。

コピーしてきた3つのファイルも中身を適宜変更。

SubmitFeedでフィードを送り、GetFeedSubmissionListでリストを取得し、GetFeedSubmissionResulで結果を取得。

あとはFeedTypeにどんなのがあって、どんな書式になってるのか、利用シーンに合わせて勉強が必要か・・・

とりあえずは、ゲリラ的なタイムセールをやりたいときの時間帯指定セール価格変更が出来たのでよしとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。